貿易事務の仕事内容|貿易事務に転職がする方が増えている!鳶求人も人気

貿易事務に転職しよう!まずは仕事内容と必要なスキルを覚える

貿易事務の仕事内容

スーツの人達

貿易に関わる仕事

転職先として注目されている貿易事務は、貿易に関わる仕事です。貿易に関する事務手続きを行ないます。基本的には、一般的な事務の仕事とそう変わることはないでしょう。大きな違いと言えば、英語の使用頻度が多いことです。

英語が生きる仕事

貿易事務は英語が活かせる仕事です。自分の英語スキルを最大限に活用したいと考えている方は、チャレンジしてみる価値があるでしょう。文章の作成も殆どが英語です。外国の会社と英会話でコミュニケーションを取ることも多いでしょう。

輸出と輸入

基本的に輸出と輸入に関わる事務手続きを行ないます。通関書類を作成したり、関税や消費税などの管理を行なうのです。輸出と輸入、どちらの事務職に就くかは職場によるでしょう。自分の希望があるなら、求人情報などを見てどちらなのか確認しておくといいです。

貿易事務に必要なスキル

コミュニケーション能力

貿易事務にはコミュニケーション能力が必要不可欠です。理由としては、基本的に多くの方と接することになるからといえるでしょう。特に、外国人とのコミュニケーション能力が問われます。文化や話す言葉の違う相手と、しっかりと意思疎通をとらなければいけません。

英語での文章作成や会話能力

英語スキルは貿易事務には必須のスキルです。取引相手とのコミュニケーションはもちろんのこと、文書作成も英語だからです。読み書き以外に、英会話スキルも身に付ける必要があります。英語スキルに自信のある方におすすめです。また、スキルを伸ばすこともできます。

マルチタスク能力

基本的に取引相手とのコミュニケーションや文書作成などを同時進行で行ないます。マルチタスク能力が必要となるでしょう。基本的にマルチタスクは女性が得意としているスキルです。そのような理由から、貿易事務は女性に適している仕事と言われることもあります。

基本的な事務処理能力

一般的な事務職で必要とされる事務処理能力があれば、問題なく仕事をこなすことができるでしょう。書類の作成に関しては日本語が英語になるだけで、一般的な事務職と変わらない仕事をしているのです。事務職経験者なら問題なく転職することができるでしょう。

柔軟性に対応できる能力

イレギュラーにも柔軟に対応できる能力があれば良いでしょう。貿易事務は外国とのやり取りが多くなるので、イレギュラーが発生しやすいのです。何があっても柔軟に対応できる能力が必要となるでしょう。余裕を持って仕事をこなすことができます。

自分に合っているか

スキルや仕事内容をチェックすることで、自分に合っているかどうかを判断することができます。上記で紹介した内容を参考にして、自分と仕事の相性を確かめてみましょう。

広告募集中