鳶職の種類|貿易事務に転職がする方が増えている!鳶求人も人気

鳶求人を探すなら、鳶職の種類をチェック!

鳶職を始めたいなら

鳶職を目指しているなら、仕事について調べてみるのが一番です。まず、鳶職が大変だと思っていることをランキング形式で紹介するので、チェックしておくようにしましょう。鳶職の種類もお教えします。

鳶職で大変だと思うことランキング

no.1

体力がいる

1位は体力がいることです。基本的に肉体労働なので、体力を消耗します。ですが、仕事をしていれば体力が付くということでもあるのです。体力を付けたい方には向いているでしょう。

no.2

移動が多い

2位に移動の多さがランクインしています。遠方まで出張に出かけることもあるでしょう。基本的に仕事場が決まっているわけではないのです。ですが、移動を楽しみにしている鳶職もいます。

no.3

緊張感がある

3位には緊張感がランクインです。高い場所での作業も多いので、常に集中していなければいけません。危険と隣り合わせといえるでしょう。しかし、その分やりがいのある仕事です。

鳶職の種類

男の人

足場鳶

鳶職と言っても専門別に種類が違っているのです。足場鳶に関しては、千葉県では最もポピュラーな鳶職といえるでしょう。鳶求人の数も豊富です。基本的に足場を組み上げる作業を行ないます。作業効率を高めるために、考えながら足場を組んでいくのです。

鉄骨鳶

基本的に建物の鉄骨を組む作業を行ないます。クレーンなどで釣り上げられた鉄骨を組み立てていくのです。建物を建築する際に、重要になってくる作業といえるでしょう。求人も多いです。

重量鳶

重量鳶は専門性の高い鳶です。基本的に足場鳶や鉄骨鳶と比べると、求人の数も少ないといえるでしょう。エレベーターなど重量のある機械を建物の内部に取り付ける作業を行ないます。

広告募集中